元気に体操

元気に体操

子どもの運動神経というのは、だいた3?10才くらいまでが最も発達する期間だと言われています。そんな時期に子どもに体操を習わせてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

体操を習う事によって運動神経の基礎ができます。幼いうちからやることでバランス感覚や、柔軟性が優れてきますし、反射神経や俊敏性・持久力なども鍛える事ができ、感受性も豊かになり、怪我にも強い身体ができていきます。

 

 

 

そして、マット運動やボール遊び、トランポリン、鉄棒などといった子どもが興味を持ちやすいことで体を動かす楽しさを学べるので、体操に対する恐怖心もなくなります。あと体操教室では、学校では置いていない器具などもあるので、教室へ通う楽しみが増えます。

 

 

 

体操教室で習ったことを学校などで披露すれば、友達や先生の間で注目度されるので、より体操を頑張ろうという気になります。体操をして体を動かす楽しさを覚えれば外で遊ぶ機会も増えるので、健康な身体作りがとても自然にできるのではないでしょうか。

 

 

 

体操教室もいろんなところがあるでしょうが、まずは子どもが楽しめる体操教室を選んであげることです。もしも、子どもが運動が苦手なのに練習の厳しい体操教室に行かせては、子どもにとって逆効果になり、余計に運動が嫌いになるかもしれません。

 

 

 

現代の子どもはどうしても運動不足になりがちなので、体操は体を動かすという意味では、とてもいい習い事で、とくに体が柔らかい幼少の頃から習っておけば、その後にするどんなスポーツにも役に立つ事でしょう。